2005年9月19日

KUNG FU HUSTLE【カンフーハッスル】

shaolinsoccerkungfuhustleチャウ・シンチー作品は大好きです。
詩人のとかスパイのとか料理人のとか西遊記みたいなのとか。
あと「少林サッカー」も面白かったです。

最初の数十分はちょっとだるくて「これ大丈夫かなー?」と思っちゃいましたが、全部見ればやっぱり面白かったです!!!
個人的には「小林サッカー」のほうが好きですね。

内容は、ありえねー!です。。。
えー、主人公シンは、斧頭会というギャング団にいつか入ってやる!と思いながら、コソ泥などを繰り返す弱っちいチンピラです。
ある日、貧民街の豚小屋砦というところで、いつものようにチンピラ活動をしていたら、そこで斧頭会と豚小屋砦の抗争が勃発。
この抗争をきっかけにカンフーの達人どうしの戦いが繰り広げられます。

それにしても最強の達人は卑怯者だなー。

あと錠前外しの技術を身に付けておくと、なんかの時に助かるかも、とか思っちゃったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005年9月17日

CONSTANTINE【コンスタンティン】

constantineこういうの好きなんです、神話とか聖書ものとか。

内容は、主人公の「ジョン・コンスタンティン(JC)」が天国に行きたいために、悪魔退治をしている事から始まります。

神と悪魔は、直接人間界に関わることが出来ないので、双方ともにハーフブリードという存在を通して、人間界での自分達側の人間を確保しようとしてるみたいです、たぶん。

まず冒頭に「運命の槍(ロンギヌスの槍)」が見つかる。
いつものように悪魔退治をしていたジョンは、悪魔達が普段とちょっと違うこと(人間界に入ろうとしていた)に気付いたので、神側のハーフブリード「ガブリエル」に相談しに行く。
その前後で双子の妹「イザベル」を自殺で無くした刑事の「アンジェラ」と出会い、「イザベル」の自殺の原因と最近の悪魔達の異変の原因を調べはじめる。

悪魔退治のアイテムは色々あって面白いです。
でもあんなもの何処から探してくるんだろう?
それとハーフブリード達の背中から、翼がバァーと開くシーンは奇麗でしたよ。

ちなみにジョンは、超ヘビースモーカー&末期の肺ガンで余命1年も無いみたいです。

あと「サタン(ルシファー)」やその息子「マモン」なども出てきますよ、ちょっとだけですけど。
とにかく「ガブリエル」が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2005年9月12日

ALEXANDER【アレキサンダー】

alexいやー長かった…、170分だもんなー。
でも結構見れたかも。
「グラディエーター」とか「トロイ」とか「キングアーサー」みたいなのは好きなので「アレキサンダー」は見たいと思っていました。
ペルシャ軍との戦いは凄まじい!バビロンの都市は豪華絢爛!インドでの象さん戦はかなりスゴイ!
でもなんだか盛り上がりませーんっ!
すんごいヒーローとして扱うわけでもなく、戦って移動して戦って移動しての繰り返し…。
ちょっと疲れますです。

内容はアレキサンダーの生い立ち、どこまでも続く東征、変化する人間関係、そんな感じです。
アリストテレスに教わった知識と英雄への憧れ。
何年も故郷に帰らず戦い続ける(兵士達の)辛さ。
版図をどんなに広げても、さらに征服を求め続ける主君(主従間での疑心暗鬼)

最初と途中、途中に出てくる語部のじいさん(アンソニーホプキンス)を削れば、もう少し短くなると思うんだけど…。
あの語りが無いと分からなくなりそうだし、最後の「実はこうなんだよーん」だけで出てくるのも変だし、やっぱ駄目か。

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2005年9月11日

DEEP BLUE【ディープブルー】

deepblue癒されます☆
90分間のヒーリング体験。
神秘的な映像・微笑ましい映像・悲しい映像・不思議な映像のオンパレード!

綺麗すぎてCGかと見間違うほどです!(そんな事言うと制作者の人達に怒られますよね…)

極寒の海・サンゴ礁・深海の世界は驚きの連続です。

見終わったあと水族館に行きたくなっちゃいました。
あとホエールウォッチングやイルカと一緒に泳ぎたくもなっちゃいました。

このDVDは買います!!!
(出来れば大きいテレビで見たいですね…)

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2005年9月 5日

NATIONAL TREASURE【ナショナル・トレジャー】

nationaltreasureインディジョーンズとかハムナプトラとかトゥームレイダーみたいなのは大好きなので楽しく見れました。
あとニコラス・ケイジも好きなので。
これはそのアクション少なめな感じ?ですかね。

内容は、冒険家の主人公ベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)が、ゲイツ家に代々伝わる伝説のお宝を探しに行くというお話です。
このお宝、ただのお宝じゃーございません、とにかく莫大な量なんです!
そのお宝がアメリカの独立戦争中に消えちゃった。。。
「秘密はシャーロットが握っている」という謎の言葉を手掛かりに、相棒の天才ハッカー、ライリーとスポンサーのイアンとでその謎に迫ります。

独立宣言書を盗み出すところはハラハラドキドキしますよ。
ただ主人公ベンが勘がいいのか、謎が簡単なのか、あまり謎解きの苦労もなくストーリーはどんどん進んでいきます。
もっと手に汗握るシーンが欲しかったですね。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2005年9月 4日

BRIDGET JONES:THE EDGE OF REASON【ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月】

bridgetbridget2嫁さんが好きなので一緒に見ました。
もちろん1作目も見てますが、あんまりよく覚えていない…。
とにかくマーク(コリン・ファース)と付き合い出したその後の展開という事です。
もちろんダニエル(ヒュー・グラント)も出て来ます。

僕は前作同様、単純にブリジットのドジなトコが笑えました。
頑張ってはいるけれど空回り…みたいなとこが面白いです。
色々なトラブルに遇いながらも、持ち前の明るさと可愛らしさで乗り越えるブリジット。
無事に幸せを掴むことが出来るのでしょうか?

ダニエルのちょっかい出してくるとことか、マークとのヘンテコな喧嘩も笑えます。
女性はマークとダニエルとではどちらが良いのでしょうかねー。

あと特典映像も盛り沢山でそちらも楽しめます。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005年8月10日

The Motorcycle Diaries【モーターサイクルダイアリーズ】

motor観てよかったです。
あんな旅を気心知れた親友としてみたいなーとも思いました。
あと南米の綺麗な映像も良かったです。
いつか南米を旅行して、インカ帝国の遺跡や空中都市マチュピチュなどをこの目で見てみたいものです。

内容は、裕福な家の青年(チェ・ゲバラ)が頼れる兄貴分と一緒にバイクで南米縦断をする事から始まります。
そして、その旅によって現実の厳しさ、理不尽さを体験し、主人公の心の中に何か新しい力が生まれるという感じでしょうか。
あちこちで色んな事(トラブルも)を経験して成長していく姿が良かったです。
隔離されている病人への愛のある対応がとても印象的でした。

体験したり行動する事の大切さみたいな物を感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2005年8月 2日

THE FOUR FEATHERS【サハラに舞う羽根】

thefourfeathersアブーという登場人物に惚れました!
アフリカの賢者のようなアブー最高!そして親友のジャックも。

内容は、イギリスの植民地政策によるスーダン出兵に関わる若者達のお話です。
将軍の息子、主人公ハリーはこの戦争に疑問を抱き(臆病になり?)、出兵決定後に軍隊を除隊。
この当時、軍隊を除隊するということは、もっとも恥とされ臆病者の烙印を押されました。
その証が「白い羽根」だそうです。
その臆病者の証「白い羽根」をかつての戦友(ジャック以外の3人)と婚約者エスネから送られる。
とてもショックを受けるハリー。
しかし、その戦友がスーダンでピンチという事を聞きつけ、仲間を救出するため単身アフリカへ。

その後は、ありえないほどのラッキーの連続です。
最初にも書きましたが、アブーがかっこいい!凄い!大活躍!
そんな感じです。

それにしても砂漠って辛そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年7月20日

僕の彼女を紹介します

ryokitekibokukano嫁さん好みの映画なので一緒に見ました。
「猟奇的な彼女」を見てから見ると最後が面白いですよ♪

内容は、あの猟奇的な彼女の悲しみとは?を教えてくれるお話です。
相変わらず無鉄砲で強引な婦警の彼女と、偶然出会ってしまった不運?な教師の彼。
色々な災難、困難を乗り越えて、感動的&あれー!?なラストへ。

「猟奇的な彼女」同様、彼は気持ちは優しいけどヘナチョコ君な感じで、例のごとくブンッブンッ振り回されます。

最後のほうは彼女の縁起がうまいのか、かなり引き込まれます。
彼のことを何とか感じようとする仕草や行動が涙を誘います。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年7月 6日

MATCHSTICK MEN【マッチスティックメン】

matchstickmenニコラス・ケイジものです。
テンポよく最後まで楽しく見れました。

内容は、超潔癖性な凄腕詐欺師のロイ(ニコラス・ケイジ)の前に、少女アンジェラが現れます。
彼女は離婚した妻との間に生まれたロイの実の娘だというのです。
ロイは困惑しながらもアンジェラとヘンテコ共同生活を始める事になる。
それにアンジェラは詐欺師の弟子にしてほしいと言い出す始末。
また、相棒のフランク(サム・ロックウェル)には最後に大きな仕事をやろうと誘われる。
さてさて、この先どうなることやら。

ポイントはやっぱり極度の潔癖性と娘でしょうか。

ロイは散々でしたが、ラストは暖かい気持ちになりました。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

より以前の記事一覧