« 8月の店休日 | トップページ | 区画整理 »

2005年8月 2日

THE FOUR FEATHERS【サハラに舞う羽根】

thefourfeathersアブーという登場人物に惚れました!
アフリカの賢者のようなアブー最高!そして親友のジャックも。

内容は、イギリスの植民地政策によるスーダン出兵に関わる若者達のお話です。
将軍の息子、主人公ハリーはこの戦争に疑問を抱き(臆病になり?)、出兵決定後に軍隊を除隊。
この当時、軍隊を除隊するということは、もっとも恥とされ臆病者の烙印を押されました。
その証が「白い羽根」だそうです。
その臆病者の証「白い羽根」をかつての戦友(ジャック以外の3人)と婚約者エスネから送られる。
とてもショックを受けるハリー。
しかし、その戦友がスーダンでピンチという事を聞きつけ、仲間を救出するため単身アフリカへ。

その後は、ありえないほどのラッキーの連続です。
最初にも書きましたが、アブーがかっこいい!凄い!大活躍!
そんな感じです。

それにしても砂漠って辛そうですね。

|

« 8月の店休日 | トップページ | 区画整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE FOUR FEATHERS【サハラに舞う羽根】:

» サハラに舞う羽根 [いつか深夜特急に乗って]
「サハラに舞う羽根」★★(DVD) 2002年アメリカ イギ [続きを読む]

受信: 2005年9月19日 18時38分

» 【サハラに舞う羽根】 [ただの映画好き日記]
19世紀末、1人の青年が戦場へ行くことに疑問を感じ拒んだ。だが戦場に向った友人達が壊滅寸前と知り、彼は愛するものを救う為に戦場へ向い真実の愛と友情を見出していく姿を描いた壮大なスペクタクル・ロマン。(「Oricon GE」データベースより) と、内容の説明があったけど、そんなふーには感じなかったなぁ。 出兵前夜に除隊したハリー。なぜ除隊したのか?怖くなったからだよねぇ〜。その後、仲間から『卑怯者』の証で�... [続きを読む]

受信: 2005年9月19日 23時02分

» サハラに舞う羽根  監督:シェカール・カプール [廃人日記]
帝国主義時代の英国、大英帝国と植民地スーダンを舞台にした 友情と愛情と自己探求と尊厳の物語。 大佐の息子ハリーは戦場に行くのが嫌で 出征が決まった次の日に除隊する。 国のために命を捧げることが名誉であった当時 ハリーの行動は臆病者のすることであり 友人たちから臆病者の証である白い羽根を送りつけられ さらに婚約者からも見放される。 スーダンでの友人たちの苦境を知らされ 友人たちを救い臆病者の名を返上し 尊厳を取り戻す為に一人でスーダンに行く。 そこで出会ったアフリカ人に助けられな... [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 00時07分

» サハラに舞う羽根 [人魚の涙]
1884年、ヴィクトリア女王統治下のイギリス。英国帝国主義による領地拡大のために [続きを読む]

受信: 2005年9月21日 09時35分

« 8月の店休日 | トップページ | 区画整理 »